KRYNAから、スピーカースタンドの常識を変える、
全く新しいサウンドを呼び覚ますアイテムが登場いたしました。
“Stage”は、スピーカーから発生する振動を、ダイアモンド・フォーメーション構造によって無理なく負荷をかけることなく自然な形で吸収・開放し、スピーカーのストレスを限りなく無くしていくことをテーマに開発した全く新しいコンセプトのスピーカースタンドです。

天板から支柱、底板、インシュレーターへと伝わる振動経路の隅々に、様々な複合素材による減振対策を施し、同時に、スピーカーの大きさに合わせて適切なバランスセッティングを施すことのできる自由度の高い構造によって、スピーカーの持つポテンシャルを限界まで引き出すことを可能にしています。

その佇まいはいたってシンプル。
しかしその控え目なフォルムに包まれた、音の次元を変える独自の構造が、あなたのスピーカーを、音楽を呼び覚まします。
スピーカーが、その演目を余すところなく演じることができる舞台、
それが「Stage」です。

 

ダイアモンド・フォーメーション専用設計
「Stage」の特徴

Stageには、従来のスピーカースタンドには見られない様々な構造を用いています。
これらの構造こそが、サウンドの全く新しい舞台(Stage)を作り出しているのです。

1. 音の解像度・広がりが大きく向上「ダイアモンド・フォーメーション」
2. スピーカーの振動を吸収「アルミ+スチール複合天板・底板」
3. 天板の振動を分散「ハイブリッド支柱」
4. 低重心に寄与「ピラミッドバランス構造」
5. スタンド専用スパイクインシュレーター「T-PROP」

Stageは数々の賞をいただきました

vgp2012s_bronzevgp2012_goldaaex2012_extravgp2011summer_silver

ダイヤモンド・フォーメーション

理想的な振動対策と最適なバランスセッティングを可能にするダイアモンド・フォーメーションとは?

詳しくはこちら

アルミ+スチール複合天板・底板

異種素材を組合せることにより、振動モードを変え素材のキャラクターをなくして金属固有の鳴きを抑えます。

詳しくはこちら

天板・支柱間に専用アダプタ装着(StageⅡ)

天板/支柱/底板 それぞれにアルミ製の専用アダプタを強固に固定し、アダプタ同士をジョイントする方法を採用しました

詳しくはこちら

支柱内部にHelca1を封入(StageⅡ)

Helca1内部の溶液が振動の高周波成分を吸収することで、従来は取り切れなかった高周波領域の振動も効果的に減衰することに成功しました

詳しくはこちら

ハイブリッド支柱

天板の振動はVD-PROPを伝わり周囲を取り囲む超微粒砂へと振動を逃がして減少させ、底板から床へと落とされます。

詳しくはこちら

ピラミッドバランス構造

Stageは、上よりも下の方が重い構造で設計されていますので、傾けた場合でも、スタンド自身の重さで元に戻ります。

詳しくはこちら

新旧「Stage」の測定データ

《近畿大学工学部 西村教授による新旧Stageの測定データ》新・旧のStageにスピーカーを設置し、白色雑音(1m前で80dB)を放射し、底板の支柱より前側半面の振動を測定した...

詳しくはこちら