Stageは、上よりも下の方が重い『ピラミッドバランス』構造で設計されています。
その理由は、低重心ゆえの安定性にあります。
スピーカースタンドを徐々に傾けていくと、重心の位置が支点(地面に接している点)よりも外側になった時に、スタンド自身の重さで倒れてしまいます。
一方で、重心が低い場合には、同じだけスタンドを傾けた場合にも、スタンド自身の重さで元に戻ります。

このように、重心が低くなると、スタンドを傾けた際に倒れにくいというメリットがあります。
これは、振動に対して安定しているということにもつながります。
実際にスピーカースタンドを使用する場合には、倒れてしまうほどスタンドを傾ける事はないかもしれません。
しかし、スピーカーの振動も微細な傾き。
安定した「舞台」を作り出すには、この「ピラミッドバランス」構造でなければなりません。

 

balance

Stageの特徴