スピーカーの振動を弱めて逃がす
ハイブリッド減振構造

天板とIRON-PROPをつなぐ
VD(Vibration Dispersion)-PROPを装備

支柱の中心には天板とIRON-PROPをつなぐVD-PROPを装備。スピーカーから受けた天板の振動を分散させながら下へと逃がす役割を担います。
天板の振動はVD-PROPを伝わり周囲を取り囲む超微粒砂へと振動を逃がして減少させ、底板から床へと落とされます。

 


放射状の放振フィンを持つ外郭形状

column2支柱外郭には、振動減衰能係数がアルミの25倍、鉄の8 倍という実用金属中、非常に高い振動吸収率を持ち、強度はアルミの3.7倍というマグネシウム合金を採用。
さらに、円筒形の支柱全体には複数のフィンを放射状に装備。
天板から受けた振動を内部の砂へと効率よく逃がすとともに、支柱自体の鳴きを抑えるために効果を発揮します。

 

相互の緩和役を果たす微粒混合砂

あらゆる経路を通り伝わってきた振動は、内部に封入された超微粒混合砂によって処理されます。
振動を受けた砂はその粒子がぶつかり合い、その摩擦によって振動は熱へと変換され低減していきます。
砂にはあらゆる形・大きさを持つ微粒砂を採用し、砂固有の性質が影響しない様配慮されています。

Stageの特徴